ホーム » 2020

年別アーカイブ: 2020

オンラインカジノを陰から支え続けるソフトウェア

マイクロゲーミング社、プレイテック社、ネットエント社。
ここに登場してくる名称はギャンブルの歴史のページに新たな歴史を刻むことになった企業達です。

今、ギャンブルの世界では、インターネットをベースとしたオンラインカジノが業界に大きな変革をもたらしていますが、その根元を支えているのが、これらの企業と言っても過言ではありません。、
数々の大手カジノサイトにいくつものゲームをデリバリーしてきたことで、何時でも何処からでも、カジノの楽しみを満喫することができるようになっています。
では、これらの企業は、どのような歴史を辿り、どのような影響を業界に与えていくことになるのでしょうか?

プレイテック社

オンラインカジノの業界の中では、プレイテック社の名前は、多くのギャンブラーに認知されている超優良のソフトベンダーです。
創業は1999年と3つの会社の中では、若いオンラインカジノソフトウェア会社です。
設立以来、早くから拡大基調に乗ることができ、大手カジノからのアプリ契約数を着実に増やしてきています。
その勢いは留まることを知らず、2006年に厳しい審査で有名なロンドン証券取引所で、僅か数年で上場を果たしたのです。

日本における認識は、ゲームコンテンツの完全日本語化対応で、ユーザーにとっても使いやすい仕様となっていることで、多くのプレイヤーから高い評価を得ています。
オンラインカジノのソフトウェア会社では、業界最大手に位置するマイクロゲーミング社とシェアを2分するトップ会社です。
ここまで成長してきた背景には、ソフト開発だけでなくメンテナンスまでアウトソーシングすることなく、自社運用上をしていることで、トータル的なクオリティーの高さを実現にしていることにあります。

プレイテック社のソフトウェアは、高いグラフィック性とクリアなサウンドで、深いテイストのゲームに仕上がっており、且つシンプルな操作に定評があります。
また、従来のビデオゲームに限らず、近年オンラインカジノの主流となっているライブカジノにも力を入れており、リアルタイムなサービスで、スタジオのディーラーとブラックジャックやポーカーで迫力ある勝負ができるゲーム展開を図っています。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社はオンラインカジノ業界では、あまりに有名過ぎて、この名を知らないプレイヤーは、モグリだと指摘されるくらいにほとんどの人が知っているメジャーな企業です。
カジノライセンス発行でも有名なマン島に本社を構えた1994年創業の業界で屈指の老舗企業です。
その歴史も古く、多くの一流と言われるオンラインカジノが、マイクロゲーミング社のソフトウェアを取り入れてきました。

同社の扱うゲームの数が非常に多いことはよく知られていることですが、その1つひとつの作品はとても優れたゲーム品質で、多くのカジノ運営者からも高い信頼と評価を得ているのです。
同社のソフトを採用しているというだけで、採用したオンラインカジノが、それだけで一流の優良サイトと認識されることからも理解することができるでしょう。

マイクロゲーミング社は、世界中のギャンブラーに対しても、変な不安を与えずにゲームに集中して楽しめるように設計しているので、クリアなペイアウト率の公開や、サーバー稼働の徹底した安定運用、スピーディーな払い出し蟶踏み込んだ堅実な対応をしていることから、ファンからの絶大な支持と受けています。

2005年からは、ソフトウェアの日本語対応も本格的に乗り出して、今では完全日本語対応だけでなく、多言語機能も付け加えたことで、さらに世界中のプレイヤーを取り込んでいます。

ネットエント社

マイクロゲーミング社、プレイテック社と合わせて名を連ねているのが、ネットエント社です。
この会社は、モバイルゲームでも高い評価を獲得しているゲームソフトプロバイダーで、その特徴は、ダウンロードレスタイプのゲームを展開している点です。
Javaflashのアプリをプレイヤーの端末にインストールしておくだけで、スムーズなスピーディーにゲーム進行を実現させています。

それまでのアプリダウンロード型だとパソコンやスマホのストレージ容量が圧迫されてしまい、プレイ時に措ける負荷が半端ではありませんでした。
それに比べてダウンロードレスタイプは、レスポンスの遅延が発生することなくゲームでプレイが楽しめる作りになっています。
モバイル端末で外からでもオンラインカジノを楽しむことを前提にしたギャンブラーにとっては、スマホが利用できる点が、大きな悩みでした。
ネットエント社のゲームのおかげで、親しみやすい作りが実現でき、新たなギャンブルファンを増やしています。
今では、スマホ・タブレットで外から賭ける楽しみを味わいたいというニーズが普通になっていますが、その流れを作ってきたのは、ネットエント社があってのことなのです。

外出先で空き時間を利用して賭ける醍醐味を満喫したいなら、ネットエント系のゲームがおすすめです。
ダウンロードレスタイプのゲームは、反応が重たいイメージが残っていたのですが、ネットエント系ゲームでは、そのマイナスイメージをなくしています。
同社のノーダウンロードレスゲームは、グラフィクス性能とサウンド性能においても優れており、シンプルな画面でありながら、高い臨場感を体感できるようになっています。
完成度の高い仕上りは、長い時間でも小さな画面でも楽しまさせてくれるのです。

ネットエントのエンジニアやスタッフのトコトンまで突き進む飽くなき精神が実を結んだものと言えるでしょう。

カジノ初心者の一里塚的決済手段

エコペイズは、非常に多くのオンラインカジノに対応している電子決済サービスです。
エコペイズは入金のスピードが比較的早く、手数料も比較的格安なサービスになります。
いくつかデメリットもありますが、とても便利な決済サービスなので、多くの方が活用しています。

エコペイズの入出金のスピード

エコペイズの入出金のスピード

電子決済のサービスは、エコペイズの他にも複数あります。
それぞれ入金のスピードは異なりますが、エコペイズは比較的早い方です。
早ければ、当日中に入金できるからです。

エコペイズの入金の早さは、人によって異なります。
当日中に入金されているケースもあれば、3営業日ほどかかっている事もあるからです。
基本的には、24時間以外に入金されるサービスです。

他の電子決済の場合は、必ずしも当日中に入金されるとは限りません。
現にある電子決済サービスの場合は、3営業日ほどかかってしまう事もあります。
ですから早めに入金したい方には、エコペイズはおすすめです。

ちなみに入金スピードを優先させたいなら、実はクレジットカードの方がおすすめです。
カードなら、基本的には数分前後で入金されるからです。
しかしカードの場合は出金はできません。
クレジットカードは入金専用になりますし、利便性を考慮すればエコペイズの方がおすすめです。

それとエコペイズは、出金はそれほど早い方ではありません。
およそ2営業日以内に出金される事が多いです。
2営業日というスピードは、他の電子決済サービスとほぼ同じぐらいになります。

エコペイズでカジノに入金する際の手数料

そしてエコペイズで入出金する時は、手数料はかかります。
具体的に何円ぐらいの手数料になるかは、入金方法によって異なります。

そもそもエコペイズという電子決済サービスには、入金方法も複数あります。
銀行振替や仮想通貨やポケットチェンジなどの手段がありますが、一番格安なのは仮想通貨です。
エコペイズでは、仮想通貨で入金された時の手数料は無料になります。
ただし仮想通貨をカジノに送金する時には、手数料がかかる事もあるのです。
その手数料が何円ぐらいになるかは、利用する取引所に左右されます。
仮想通貨での送金手数料は無料になる取引所もあれば、数%ぐらいになる取引所もあります。

それと銀行振替という方式で入金する時には、5%の手数料がかかります。
エコペイズは収納代行サービスと提携していて、その代行会社が指定する口座に入金した時には、5%の手数料はかかります。
その代わり、比較的簡単に入金できます。

その他にも上述のポケットチェンジなどの方法もありますが、手数料は若干高めです。
ポケットチェンジは、主に空港や旅行先などに設置されているATMのような機械ですが、手数料はかなり高めになってしまいます。
他にもエコバウチャーという入金方法もありますが、それも手数料は若干高めなので、銀行振替や仮想通貨でカジノに入金している方が多いです。

エコペイズでカジノに入金する際の手数料

エコペイズで出金する時の手数料

またカジノからエコペイズに出金する方法も2種類あって、高速ローカルと海外送金があります。
いずれも手数料はかかりますが、高速ローカルの方が格安です。

海外送金の場合、最低でも2,000円ぐらいの手数料がかかります。
状況によっては2,500円ぐらいの手数料が発生しますが、それに加えて為替手数料などが別途で徴収されます。
しかも海外送金の場合、高額な資金を送金した時には問い合わせが来る事もあります。
オンラインカジノで利益が発生した時には、多額に送金する可能性もありますが、その場合は面倒な問い合わせが来るデメリットがあります。

しかし高速ローカルの場合は問い合わせはありませんし、海外送金よりも手数料は格安です。
高速ローカルは2種類の手数料がかかり、それもランクによって異なります。
2.5%や4%など、人それぞれ異なります。

その手数料の内訳ですが、高速ローカルの出金手数料は1%です。
出金する金額に対する1%なので、例えば100ユーロ分出金する時には、1ユーロ分の手数料を支払う事になります。
またエコペイズには、シルバーとゴールドという2つのアカウントがあります。
ゴールドの方がランクは上ですが、どちらのランクでも換金手数料は支払う事になるのです。
シルバーカウントの場合、換金手数料は約3%になりますが、ゴールドアカウントは1.5%になります。

多彩なカジノで利用できる

多彩なカジノで利用できる

上記のような手数料もかかりますが、エコペイズは幅広いオンラインカジノで利用できるメリットがあります。
そもそも電子決済によっては、利用できるオンラインカジノが限られている事もあるのです。
カジノによって、電子決済の対応状況は異なりますから、注意が必要です。

その点エコペイズの場合は、大部分のオンラインカジノに対応しています。
しかもクレジットカードと違って、入金だけでなく出金にも利用できる利便性もありますから、オンラインカジノでプレイしている方はエコペイズを活用している事が多いです。