ホーム » happinessnishiya の投稿

作者アーカイブ: happinessnishiya

日本語対応のネットカジノは親切だから違法性なし?

日本語対応のネットカジノは親切だから違法性なし?
あらかじめネットカジノでプレイする方々は、そのネットカジノに違法性がないかしっかりチェックすることからはじめる必要があります。
とにかくすぐにネットカジノをしたいから、どのネットカジノでもいいから利用しようという姿勢はとても危険です。

ネットカジノの中には、日本語対応のないものもあります。
そのようなものはとても不親切だと思うでしょう。
結構多くネットカジノには日本語に対応していないものがあります。

ですから、日本語対応しているネットカジノは親切だから違法性なしとついつい判断していることはないでしょうか。

その姿勢は間違いです。
親切イコール合法ではありません。

日本語対応していれば違法性はなし?

おおかた海外のネットカジノでプレイをしようと思っている方々は、海外の言語のハードルに不安を抱えているでしょう。
英語だからいろいろわからないことがあっても、適当に誤魔化されるのではないかという不安も抱えていることでしょう。

ですから、日本語にしっかり対応してくれているネットカジノを見付ければ、とても丁寧だと感じるでしょうし親しみも感じるでしょう。
ついつい、感覚的にこのネットカジノなら安心・違法性なしという判断をしてしまうことがありますが、そこには明確な根拠が存在しているでしょうか。

実際に過去、日本語対応しているネットカジノの摘発事件も起きているので、日本語対応しているから安心してネットカジノを利用しようというのではなく、もっと他に信頼できるポイントを見極めるようにしてください。

日本語対応でも安心できない

日本語対応でも安心できない
実際に日本語対応しているネットカジノがイコール合法カジノではありません。
京都では、常習賭博容疑で、ネットカジノ運営者が逮捕されています。

逮捕された運営者は、事実に誤認があるとことごとく否定しているようですが。
ネットカジノでも、もちろん違法行為をしている以上、逮捕されてしまうことになります。

それでは、今回のケースではどのようなことに対して違法性があったのでしょうか。
このネットカジノは、オランダ領キュラソー島のライセンスを取得していると、ホームページにも掲載されています。
日本語対応もしっかりしているので、みなさんはやっぱり利用しようという気持ちになるのではないでしょうか。

ただし、このネットカジノは、サポートが日本語だけです。
とても丁寧に日本語でサポートしてくれるのはいいですが、警察からは国内で運営しているのではないかという判断をされてしまったようです。

日本語対応もしっかりしていて、ライセンスも取得しているのならおおかた利用してもいいと判断される方々も多いと思います。
しかし、このネットカジノは胴元が海外法人ということなので問題は全くないのですが、運営を担当しているのが国内の業者だったということに問題があります。

このようにライセンスだけでは信用出来ない部分もネットカジノには存在しているということはあらかじめ知っておくべきです。
それを知っておくことで、安心して利用することができる違法性のないネットカジノを見付けることができるのだと思います。

私達は何を注意しなければならないか

私達は何を注意しなければならないか
この事件に関して救われていることは、運営者は逮捕されましたが、プレイしている人たちが逮捕されることはありませんでした。
そして、プレイしている方々にしっかり返金処理はされたということです。

実際に警察もプレイヤーに対して、ある程度配慮したのかもしれませんし、運営業者もそれほど意図的に悪質な違法行為を働こうと思ったのではないのかもしれません。
しかし、日本の警察がNOと言えばNOです。
海外の業者も日本の法律のルールに従わなければならないのです。

無論、プレイをしている方々もです。
そもそもプレイをしている人たちが、運営拠点が日本であることをなかなか見極めることができないのではないでしょうか。
確かに、このようなネットカジノがあれば、利用してもいいのではないかという気持ちになってしまうでしょう。

このケースはごくごく稀なケースで、このような逮捕劇は、なかなか起こるものではないと考えてもいいでしょう。
あとは、このような事件に遭遇しないため、プレイする方々ができるだけネットでも名前が知られているネットカジノを利用するよう心掛けるといいでしょう。

インターネットには、ネットカジノのランキングなどがよく掲載されているので、そのようなものを参考にしてリサーチするといいです。
それだけでも充分、安心してネットカジノを楽しむことができると思います。

あと、このような万が一の事態に遭遇して巻き添えをくわないために、ブログだったりSNSサイトに、プレイ内容だったり動画アップをできるだけしない、また、本人と特定できるようなインフォメーションを書き込みしないという姿勢をいつも持っているようにするといいでしょう。

いかがでしょうか。
ネットカジノは、自宅にいながら本場ランドカジノの醍醐味を味わうことができる手段です。
楽しくネットカジノを楽しむためには、既にお話ししたような用心も必要なのかもしれません。

【カジノシークレット】かんたん 出金ガイド

「シンプルな出金条件」と「決済手段の豊富さ」で高評価を得ている『カジノシークレット』ですが、中には「オンラインカジノの『出金条件』や『利用規約』を調べるなんて、面倒なことはムリ…」と感じる方もいるでしょう。
 
今回は【カジノシークレット|かんたん 出金ガイド】と題し、出金方法と注意点を分かりやすくご紹介します。
「これからオンラインカジノを始めよう!」という方は、ぜひご一読ください。
 
 

カジノシークレットの出金方法

カジノシークレットの出金方法

カジノシークレットの出金方法自体は、全く難しいことはありません。
出金の大まかな流れとしては、
 
1|カジノシークレットサイト上の出金タブを選択してクリック。
2|表示されたページの枠内に出金したい金額を入力して送信ボタンをクリック。

上記2ステップで出金申請が完了します。
送信ボタンをクリックしてからおおよそ8時間~半日程度で出金手続きが完了します。
 
カジノシークレットの出金条件は?
カジノシークレットの出金条件は、至ってシンプルで解りやすいです。
出金するための条件は「初回入金キャッシュバック時は、入金額と同額以上のベット」「ノーボーナス時は、入金額より最低5倍以上ベットすること」です。
この条件を守っていれば、仮に高額な配当であっても問題なく受け取ることができます。
 
カジノシークレットの出金時間
折角大きな儲けを出したのであれば、早く出金したくなるものです。
ここでは、実際のカジノシークレットの出金にかかる時間はどれくらいなのかを見ていきましょう。
カジノシークレットの出金時間は、申請する時間帯や、混雑状況によって大幅に違いがあるようです。
空いている時間帯であれば、早ければ申請してから8時間程度で入金がされますし、混雑時だったとして、遅くても半日程で出金されるようです。
※ただし、決済手段として銀行送金を選択した場合、出金まで1週間程度かかりますので、ご注意ください。
 
 

カジノシークレットが対応している決済手段は?

カジノシークレットの対応している決済手段は?

カジノシークレットで対応している決済手段は、下記の7種類です。
 
決済手段1|各種クレジットカード (ビザ・マスターカード・JCB)
決済手段2|Venus Point
決済手段3|ecoPayz
決済手段4|iwallet
決済手段5|MuchBetter
決済手段6|Jeton
決済手段7|各種銀行送金

上記の中から、自分にあった決済手段を選ぶことができます。
 
お勧めな決算手段
カジノシークレットには7つの決済手段がありますが、その中でも特にお勧めなサービスは『iwallet』です。
お勧めポイント1|継続的に利用した場合、口座の維持費や送金手数料がフリーになるため、お得である
お勧めポイント2|日本語での操作が可能なため、操作が解りやすい
お勧めポイント3|銀行送金等に比べて出金までの時間が短い

iWallet 出金手順
出金手順1|カジノシークレットにログインし、「残高」ボタンから「出金」タブをクリックする
出金手順2|決済方法でiWalletを選択する
出金手順3|出金希望額と口座番号を入力する
出金手順4|半日経ってから残高をチェックする
※無事に着金していれば、出金完了です!

それぞれメリット・デメリットがあるため、自分にあったものを選択しましょう。
 
 

カジノシークレットの出金する際の注意点

カジノシークレットの出金する際の注意点

最後に、カジノシークレットで出金する際の注意点についてまとめていきます。
 
注意点1|入金方法と同様の方法で出金する ※入金がクレジットカードの場合、別の出金方法を選択します。
注意点2|初回出金をするときは本人確認が必要 ※本人確認には、身分証明書と住所確認書類を使用します。
注意点3|出金限度額がある ※月$50000 が出金限度となり、それ以上は翌月に持ち越されます。
 
本人確認書類の提出方法について
出金する際の注意点として、初回出金をするときは本人確認書類の提出が必要と記載しました。
最後に、この本人確認書類の提出方法を確認しましょう。

提出方法1|ログイン後、アカウントページを開く
提出方法2|「プロフィール」を押す。
提出方法3|「ドキュメント」を押す。
提出方法4|メールアドレスを2回入力する
提出方法5|証明書類(顔写真付き身分証明書と住所確認書類)の画像データを提出する
提出方法6|セキュリティーのための確認コードを入力する
提出方法7|「送信する」ボタンを押す
 
以上で本人確認に関する手続きが完了します。

※顔写真付き身分証明書(PDF 不可)
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、外国人登録証/在留カードの中から、カラー表示の証明書を1つ提出
 
※住所確認書類(PDF 不可)
公共料金の請求書、銀行明細書、住民票、クレジットカードの利用明細書の中から、発行から3か月以内の書類を1つ提出

カジノシークレットは出金が簡単にできるオンラインカジノですので、この記事を参考に、ぜひ楽しんでみて下さい!

モンテカルロ法はオンラインカジノとの相性の良いベット術

モンテカルロ法は、オンラインカジノと相性が良いベット術として紹介されることが多いです。
一体なぜなのか、その点について掘り下げてみてみるとしましょう。

ハイリターン狙いがオンラインカジノにマッチしている

ハイリターン狙いがオンラインカジノにマッチしている

モンテカルロ法はハイリスク・ハイリターンなベット術です。
リスクを抑えたベット術よりも、リスクなど恐れずに大きな利益を狙いたい人向けのベット術ですが、オンラインカジノは他のギャンブルと比較してペイアウトが高いことから、利益を狙いやすいです。

オンラインカジノが人気を集めている理由は多々ありますが、スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスで簡単に行える点以上に、日本の他のギャンブルとは比べ物にならない大きなリターンが待っている点が挙げられます。

日本のギャンブルは、高いものでも80%程度のペイアウトですが、オンラインカジノに至っては95%以上のものもあるほど。
もちろん還元率は勝率を意味するものではありませんが、より大きな可能性を秘めたものであることは間違いありません。
つまり、より大きなリターンが待っているオンラインカジノに、より大きなリターンを狙えるベット術であるモンテカルロ法を試すのは、親和性が高いと考えてよいでしょう。

意外な親和性の高さも挙げられる

意外な親和性の高さも挙げられる

モンテカルロ法とオンラインカジノの相性が良い点は、リターンのみの話ではありません。
モンテカルロ法は難しい法則のベット術です。

数字を加えたり消したりを継続するので、頭の中だけで把握することが難しいベット術と囁かれています。
「メモ必須」と囁かれているのも、頭の中だけで把握するのが難しいからこそですが、他のギャンブルでは、メモを取っている姿など恥ずかしいのではないでしょうか。

目の前のバンカー、あるいは他のプレイヤーにメモを取っている姿を見られたら、利益云々ではなくどこか恥ずかしいものです。
しかしオンラインカジノであれば、その心配も無用です。

オンラインカジノはプレイヤーの姿は誰かにみられることはありません。
メモはもちろんですが、それこそ寝間着であっても、寝ぐせがあっても、誰かに見られることがないので気兼ねなく楽しめるものです。
複雑なモンテカルロ法も、オンラインカジノであれば人目を気にせずにメモを取りながらプレイできますので、この点に於いてもオンラインカジノとの相性が良いと判断できます。

多くのオンラインカジノのゲームに対応している

モンテカルロ法は2倍・3倍のゲームに対応しています。
つまり、オンラインカジノの多くのゲームに対応しています。
2倍・3倍以外のオンラインカジノのゲームとなれば、スロット程度です。

ルーレットに関しては様々な賭け方がありますが、2倍や3倍で賭けることができますので、モンテカルロ法を活用することも決して不可能ではありません。
むしろモンテカルロ法を覚えておけば、多くのオンラインカジノのゲームで活用できますので、その点でもオンラインカジノとの親和性が高いと考えることができます。

途中で調べることも可能

途中で調べることも可能

モンテカルロ法は法則性の難しいベット術になります。
頭の中だけで組み立てるのが難しいだけではなく、慣れていない時には、次に何をするのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。
もしもですが、実際にディーラーと向き合っていたら、モンテカルロ法のベット術を忘れてしまったら、自力で適当にベットするしかありません。

しかしオンラインカジノであれば、例えその場で法則性を忘れてしまったとしても、ネットで簡単に調べることができます。
オンラインカジノはネット上のカジノです。

つまり、オンラインカジノに接続できるけど、ネットで調べることができない状況は、物理的にあり得ません。
オンラインカジノが行えるということは、ネットに接続できる状態であることを意味していますので、分からないことが出てきたら調べればよいだけです。

この点もオンラインカジノとモンテカルロ法の相性の良さと考えることができます。

モンテカルロ法の注意点は?

オンラインカジノとの親和性の高いモンテカルロ法ですが、唯一気を付けるべき点があります。
それは場合によっては長期戦になってしまう点です。
数字を消すことが目的のモンテカルロ法ですが、勝ち負けを繰り返してばかりでは、なかなかゲームそのものが終了しません。

つまり、長期戦になってしまう可能性があります。
オンラインカジノを短時間でスパっと楽しみたいと考えている人にとっては、その点のみは注意が必要です。

モンテカルロ法でオンラインカジノをより楽しもう

モンテカルロ法とオンラインカジノの親和性が高いことが分かっていただけたのではないでしょうか。
オンラインカジノを楽しみたい人にとっては、覚えておいて損がないどころか、多くのメリットを享受できるベット術になりますし、不明な点が出てきたとしてもその場で調べることができますので、まずは興味本位でもよいのでモンテカルロ法をチェックしておくのもよさそうです。

オンラインカジノのブラックジャックでやってはいけないこと

オンラインカジノでは「オンラインスロット」のジャンルが全体の9割を占めますが、残りの1割未満のテーブルゲームに属する「ブラックジャック」は今も昔も人気です。
ギャンブルに関係なく、トランプ遊びとして非常に馴染み深いブラックジャックは、特に日本人プレイヤーに高い人気を得ています。
  
しかし、プレイヤー同士で対戦するパーティーゲームとしてのブラックジャックと、実際にお金を賭けるギャンブルとしてのブラックジャックとでは勝手が違います。
大まかなルールは一致しますが、「スプリット」「ダブルダウン」など耳慣れない専門用語も多くあります。
   
また、ブラックジャックには「ベーシックストラテジー」と言われる最適戦略が存在します。
「ベーシックストラテジー」通りにプレイすれば、RTPと呼ばれるプレイヤーへの還元率が99%以上となります。
RTPは100%基準としていて100%以上ならプレイヤー側にプラス、100%以下ならマイナスです。
  
ギャンブルの運営側はRTPを100%未満に抑えて利益を得ています。
宝くじが約40%、競馬が約70%、パチンコ・パチスロが約90%前後なので、この数値は非常に高いということが分かるでしょう。
  
今回は、「ギャンブルとしてのブラックジャック」を利益率の観点から分析し、「やってはいけないこと」を解説します。
 
 

サイドベットをやってはいけない

サイドベットをやってはいけない
  
「サイドベット」とは、ブラックジャックのカードを利用して特定の役を作ることが目的のギャンブルです。
サイドベットとブラックジャックのベットは別に賭けるため、ブラックジャックの勝敗と関係なく配当金は発生します。
  
例えば「Top3」は、最初に配布されるディーラーの開かれたカード1枚とプレイヤーのカード2枚を使用したサイドベットです。
サイドベットを有効にした状態で「スーテッドスリーオブアカインド」が成立すれば、ベット額の501倍の配当金が得られます。
  
「スーテッドスリーオブアカインド」とは、全く同じカードが3枚出た場合の役です。
ブラックジャックでは通常6~8組分のカード(デッキ)を使用するため、全く同じカードが6~8枚存在するからこそ成立する役です。
このように、サイドベットが成功すれば高額の配当金が得られます。
  
しかし、利益率を追うならサイドベットはやってはいけません。
何故なら高配当な分、成立しにくいからです。
「スーテッドスリーオブアカインド」を成立させるためには、52枚のカード×6組分の312枚から、全く同じカードが最初に3枚連続出現させる必要があります。
その確率は約0.02%、5000分の1ほどです。
「Top3」のサイドベット利用時のRTPは約93.70%です。
ブラックジャックのRTPが99%以上のため、大きく下がってしまいます。
   
他、サイドベットは「Top3」以外にも「パーフェクトペア」「21+3」など幾つか種類がありますが、どれもブラックジャック自体のRTPを下回ります。
 
 

インシュランスをやってはいけない

インシュランスをやってはいけない
  
「インシュランス」とは「保険」という意味で、ディーラーが絵札(と10の数字)とAの組み合わせである「ブラックジャック」の可能性がある場合に選択可能なアクションです。
   
インシュランスのタイミングは、ディーラーとプレイヤーにカードを2枚ずつ配った後、開かれたカードが「A」だった状況でプレイヤーのターンに回る直前です。
インシュランスを受け入れると、ベット金額の半分が徴収されます。
そしてディーラーがカードを確認し「ブラックジャック」だった場合はカードを公開し、ゲームはその時点で終了します。
その時、プレイヤーが「ブラックジャック」を持っていなかった場合、ベット金額とインシュランスのお金が戻ってきてプラスマイナスゼロになります。
  
プレイヤーが「ブラックジャック」だった場合は、ベット金額そのままと、インシュランスのお金が倍額になって戻ってきます。
要は、「ディーラーがブラックジャックの可能性に賭ける」ということですね。
こちらもサイドベットと同じ理由で、やってはいけません。
確かに「10」「J」「Q」「K」の何れかが出現すれば「ブラックジャック」が成立するのですが、それらが出る確率は13分の4です。
  
決して低い確率ではないのですが、「ベーシックストラテジー」通りなら「ブラックジャックではない」可能性に賭けた方が利益率は少し高くなります。
 
 

スプリットやダブルダウンは条件によってはやってはいけない

スプリットやダブルダウンは条件によってはやってはいけない
  
ブラックジャックをギャンブルとしてプレイしたことが無い人が初めて知るルールは、前述のインシュランス、そして「スプリット」「ダブルダウン」でしょう。
  
スプリットは、同じ数値のカードが来た時にカードを2組に分けるアクションです。
ダブルダウンは、カードを引く直前に倍賭けするアクションです。
どちらもベット金額を上乗せするため、リスキーな行為です。
  
スプリットに関しては「5」、もしくは「10」のカードが2枚入った時にはどんな状況でもやってはいけません。
「5」のカードが2枚の場合は「10」なので、次に「10」以上の数が入れば「20」となり大幅有利となります。
「10」のカードが2枚の場合は既に「20」のため、ベット金額を上乗せしてまで「10」「10」と2枚に分けるにはリスクが高いです。
逆に「8」の2枚だと「16」でやや不利な数値なため、スプリットしても良いでしょう。
  
ダブルダウンに関しては、プレイヤーが「12」以上の数値の場合はどんな状況でもやってはいけません。
「10」が入ってしまうと、その時点で22以上になり負けが確定してしまうからです。
状況によりますがプレイヤーが「10」もしくは「11」かつ、ディーラーが2~9の数値ならプレイヤーが有利なため、ダブルダウンしても良いでしょう。

オンラインカジノのスロットマシンの勝つ確率を上げるには

オンラインカジノの花形ゲームの一つが、スロットマシンです。
しかし、近年はとても複雑なゲームシステムになっており、もともとルーレットやブラックジャック、バカラのような確率を求めやすいゲームに比べて確率を出すのが難しいものが、より予測の難しいものになっている印象があります。

そんなスロットマシンは、そもそも確率が求められるのでしょうか、そんな疑問に答えつつ、確率を上げるためのポイントについてもまとめました。

これを読めばきっと、オンラインカジノのスロットマシンの確率について、知ることができるのではないでしょうか。

オンラインカジノのスロットマシンの確率は予測困難

オンラインカジノのスロットマシンの確率は予測困難

オンラインカジノのスロットマシンの確率は、予測困難です。

本場のカジノのスロットの確率を求める事が、可能かもしれません。
なぜならば、クラシカルなドラムが回転するだけのものであれば、ドラムの絵柄によって確立を計算できるからです。

しかし、オンラインカジノのスロットマシンは、クラシカルなものであっても、そのドラムの絵柄の数は非常に複雑になっており、レーンごとにドラムの絵柄の比率が異なっていることも多くあります。

更に近年では、ドラムが回転するようなスロットマシンではなく、テトリスなど、いわゆる落ちものゲームと呼ばれるような、ランダムに出てくる絵柄が上から降ってくるタイプが主流になりつつあります。
こういったタイプのスロットマシンの出現で、確率を予測することは、困難になっています。

追い打ちをかけるようにボーナスなどの影響によって、絵柄が一気に変わるというような突発的なイベントが発生することも多く、予測を不可能なものにしているのです。

ルーレットやバカラ、ブラックジャックのようなクラシカルなカジノゲーム以上に、運任せなゲームになっているのが現代のオンラインカジノにおけるスロットマシンの確率といえるでしょう。

ただ、予測はできないといっても、各メーカーが機種ごとの出現確率について公表しており、それがある程度の目安になります。
例えば、非常に当たりにくいものの当たれば大変な利益が出るジャックポットは、2,400倍の当選金が当たるRed White Blueという機種で、1/262,144の確率、1,200,000~3,500,000倍という途方もない倍率で当選するMegabucksは1/49,836,032になっています。

いずれも低い確率であるものの、通常のスロットマシンは、これらよりも高い確率になっていることは確かなので、極端な例であるということはあらかじめ知っておいてください。

もちろん、この公表値はオンラインカジノによって若干異なるので、これをもとに期待値を出して投資額を決めるというのは確実な攻略法にはなりません。

勝つ確率を上げるにはペイラインを増やすこと

勝つ確率を上げるにはペイラインを増やすこと

このように冒頭から、やや確率について否定的な意見をお話ししましたが、スロットの勝率を上げる攻略法は存在します。
それはペイラインを増やすということです。
このペイラインとは、当たり判定を決めるラインのことで、単純にコインのベット数を増やしてラインを増やせば増やすほど、その当選確率は増えていきます。

攻略法の一つに、最大ペイラインまでベットするというものがあります。
その攻略法は、一回のスピンで当選する確率を上げる攻略法としてこういった手段を用いるのものです。

ただ、こういったペイラインを増やす方法も豊富な資金が必要なことや、ペイラインの数が非常に増えてしまった現代のスロットマシンでは、そこまで有効な方法ではなくなりつつあります。

フリースピンを利用して勝率アップ

フリースピンを利用して勝率アップ

現代の、オンラインカジノのスロットマシンで確率を上げるには、フリースピンの利用が便利です。
フリースピンとは、文字通り無料で回せるスロットの権利です。

ただ、このフリースピンは単に無料で回せるだけでなく、絵柄が揃う確率が上がるボーナスがついているものもあります。

こういった特徴から、フリースピンを購入できるオンラインカジノも現れるようになりました。
実際に、価格の高低こそあれ、フリースピンを購入できるストアが設置されているケースもあります。
購入という響きから、もともとの「フリー」スピンの意味からは遠くなりつつあります。

しかし、確実にオンラインカジノのスロットマシンで確率を上げるには、現段階で最も有効な攻略法といえます。
もちろん、口コミやゲームの分かりやすさで、スロットマシンを選び、機能を十分に生かして攻略し、当選確率を上げるという方法もあります。

ただ、他のカジノゲームに比べると運任せに近い要素が高いのが特徴で、運がいいとビックリするくらい、手元の資産を増やすことができるという魅力もあります。

ジャックポットのような、天文学的な確率のスロットマシンを選ぶのも良いですが、もし確率を高めたいのであれば、ライン数を増やしたり、フリースピンを増やしたりというのがベターではないでしょうか。

ベラジョンカジノの特徴と魅力

業界最大規模のゲーム数

ベラジョンカジノは業界最大規模のゲーム数を誇っており、その数は700種類を優に超えています。
現在も種類は増え続けており、プレイする楽しみは尽きることがありません。
ネットエントやマイクロゲーミングなど有名プロバイダーはもちろん、少しマニアックな趣向のゲームソフトまで導入されています。

当サイトが日本人プレイヤーから高く評価されるようになったのは、そのサポート体制の充実ぶりからです。
日本語によるチャットサポートは年中無休で行われており、朝の11時から夜中の12時まで対応しています。
サポートスタッフはベテラン揃いなので、オンラインカジノに関するあらゆる相談に乗ってくれます。
業界最大規模のゲーム数

必勝勝利金キャンペーン

ベラジョンカジノでは、毎日誰かに最低5千ドルが保証される「必勝勝利金キャンペーン」が開催されています。
その日の1スピンか1ゲームで最大勝利金額が5千ドル以下のとき、不足分の額が補填されるシステムです。

さらに同じシステムで、毎月1名には最低5万ドルが保証されます。
また「デイリージャックポット」では、対象スロット限定でジャックポットが1日に必ず2回出ることになっています。

対象機種は全てプログレッシブスロットなので、高額賞金獲得のチャンスとなるわけです。
参加条件は対象スロットをキャッシュでプレイするだけなので、誰でも賞金獲得のチャンスがあるわけです。
高額当選を毎日保証するサイトは、業界内ではベラジョンカジノだけとなっています。
デイリージャックポットも同サイトと姉妹サイト限定なので、高額当選の可能性が高まります。

決済手段が豊富

ベラジョンカジノは決済手段が色々揃っており、ユーザーの利便性に配慮されています。
クレジットカードではVISAが利用でき、スムーズに入金処理されます。
出金には銀行送金を利用でき、国内の口座から無料で勝利金を引き出せます。

その他の決済手段として電子決済サービスのエコペイズやヴィーナスポイントが使え、入出金の双方に対応しています。
初回入金に対しては入金額の100%がボーナスとして付与され、最高500ドルまで受け取れます。

2回目以降の入金にもボーナス付与の特典があるので、入金するたびにお得感があるものです。
因みにベラジョンカジノのボーナス出金条件は20倍となっており、かなり低めの設定も嬉しいポイントです。
さらに、10日間連続の無料スピンクレジットが付与され、毎日5ドル分がフリープレイできます。

キュラソー政府のライセンスを取得

キュラソー政府のライセンスを取得
ベラジョンカジノを運営するのは、Breckenridge Curacao B.Vという会社です。
同社はキュラソー政府のカジノライセンスを取得しており、法律的な条件をクリアしています。

それ故、日本国内のプレイヤーも安心して楽しめるわけです。
導入されているゲームソフトは、ネットエントやマイクロゲーミング、エボリューションゲーミングなど錚々たるプロバイダーのものです。
プロバイダー自体も厳しい審査を受けており、ゲームの公平性に関しては全く問題がありません。

実際のソフト運用に当たってはRNG(ランダムナンバージェネレーター)なる乱数発生装置が使われ、外部からの不正な操作ができない仕組みになっているわけです。
ライブカジノに関してはRNGは使えませんが、厳格な監視のもとに運営されているので不正操作は一切できません。

自己制限機能

ベラジョンカジノではゲームに熱中し過ぎるプレイヤーのために、様々な自己制限機能を設けています。
「入金制限」では入金額の上限を設け、一定期間内の入金総額を管理できます。
設定日数や上限金額をリセットしない限り、追加の入金ができなくなる仕組みです。

それによって、冷静な資金計画に役立てることが出来ます。
「時間制限」では、一度のログインでプレイできる時間を設定できます。
制限時間が来ると、改めでログインするまでプレイできなくなります。

これによって、日常生活の時間管理にもつながるものです。
「ゲームプレイ時間制限」は、プレイ時間自体に制限を設ける機能です。
設定時間になると通知され、継続か中断するか選択するシステムです。
その他、最大負け金額を設定する「ロス制限」やログイン自体に制限をかける「ログイン制限」などが用意されています。

豪華な賞品が当たる抽選会

豪華な賞品が当たる抽選会
ベラジョンカジノでは、毎月豪華な賞品や賞金が当たる抽選会が開催されています。
抽選会への参加条件は、対象のビデオスロットをプレイするだけです。

キャッシュで20回プレイするたびに、1回の抽選券が付与されます。
一日では最大枚まで抽選券が付与可能なので、当選への可能性が高まるわけです。
過去には一等の賞品として、ハワイへのパッケージ旅行がペアで用意されたりしました。

航空券や宿泊費用に加えて、お小遣いの1000ドルも付いてた豪華賞品です。
その他、ベラジョンカジノには「実績システム」があります。
実績を上げることで勲章が与えられ、カジノプレイヤーとしての誇りとなるわけです。

オンラインカジノを陰から支え続けるソフトウェア

マイクロゲーミング社、プレイテック社、ネットエント社。
ここに登場してくる名称はギャンブルの歴史のページに新たな歴史を刻むことになった企業達です。
今、ギャンブルの世界では、インターネットをベースとしたオンラインカジノが業界に大きな変革をもたらしていますが、その根元を支えているのが、これらの企業と言っても過言ではありません。

数々の大手カジノサイトにいくつものゲームをデリバリーしてきたことで、何時でも何処からでも、カジノの楽しみを満喫することができるようになっています。
では、これらの企業は、どのような歴史を辿り、どのような影響を業界に与えていくことになるのでしょうか?

プレイテック社

プレイテック社
オンラインカジノの業界の中では、プレイテック社の名前は、多くのギャンブラーに認知されている超優良のソフトベンダーです。
創業は1999年と3つの会社の中では、若いオンラインカジノソフトウェア会社です。
設立以来、早くから拡大基調に乗ることができ、大手カジノからのアプリ契約数を着実に増やしてきています。
その勢いは留まることを知らず、2006年に厳しい審査で有名なロンドン証券取引所で、僅か数年で上場を果たしたのです。

日本における認識は、ゲームコンテンツの完全日本語化対応で、ユーザーにとっても使いやすい仕様となっていることで、多くのプレイヤーから高い評価を得ています。

オンラインカジノのソフトウェア会社では、業界最大手に位置するマイクロゲーミング社とシェアを2分するトップ会社です。
ここまで成長してきた背景には、ソフト開発だけでなくメンテナンスまでアウトソーシングすることなく、自社運用上をしていることで、トータル的なクオリティーの高さを実現にしていることにあります。

プレイテック社のソフトウェアは、高いグラフィック性とクリアなサウンドで、深いテイストのゲームに仕上がっており、且つシンプルな操作に定評があります。
また、従来のビデオゲームに限らず、近年オンラインカジノの主流となっているライブカジノにも力を入れており、リアルタイムなサービスで、スタジオのディーラーとブラックジャックやポーカーで迫力ある勝負ができるゲーム展開を図っています。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社
マイクロゲーミング社はオンラインカジノ業界では、あまりに有名過ぎて、この名を知らないプレイヤーは、モグリだと指摘されるくらいにほとんどの人が知っているメジャーな企業です。
カジノライセンス発行でも有名なマン島に本社を構えた1994年創業の業界で屈指の老舗企業です。
その歴史も古く、多くの一流と言われるオンラインカジノが、マイクロゲーミング社のソフトウェアを取り入れてきました。

同社の扱うゲームの数が非常に多いことはよく知られていることですが、その1つひとつの作品はとても優れたゲーム品質で、多くのカジノ運営者からも高い信頼と評価を得ているのです。
同社のソフトを採用しているというだけで、採用したオンラインカジノが、それだけで一流の優良サイトと認識されることからも理解することができるでしょう。

マイクロゲーミング社は、世界中のギャンブラーに対しても、変な不安を与えずにゲームに集中して楽しめるように設計しているので、クリアなペイアウト率の公開や、サーバー稼働の徹底した安定運用、スピーディーな払い出し蟶踏み込んだ堅実な対応をしていることから、ファンからの絶大な支持と受けています。

2005年からは、ソフトウェアの日本語対応も本格的に乗り出して、今では完全日本語対応だけでなく、多言語機能も付け加えたことで、さらに世界中のプレイヤーを取り込んでいます。

ネットエント社

ネットエント社
マイクロゲーミング社、プレイテック社と合わせて名を連ねているのが、ネットエント社です。
この会社は、モバイルゲームでも高い評価を獲得しているゲームソフトプロバイダーで、その特徴は、ダウンロードレスタイプのゲームを展開している点です。
Javaflashのアプリをプレイヤーの端末にインストールしておくだけで、スムーズなスピーディーにゲーム進行を実現させています。

それまでのアプリダウンロード型だとパソコンやスマホのストレージ容量が圧迫されてしまい、プレイ時に措ける負荷が半端ではありませんでした。
それに比べてダウンロードレスタイプは、レスポンスの遅延が発生することなくゲームでプレイが楽しめる作りになっています。
モバイル端末で外からでもオンラインカジノを楽しむことを前提にしたギャンブラーにとっては、スマホが利用できる点が、大きな悩みでした。
ネットエント社のゲームのおかげで、親しみやすい作りが実現でき、新たなギャンブルファンを増やしています。
今では、スマホ・タブレットで外から賭ける楽しみを味わいたいというニーズが普通になっていますが、その流れを作ってきたのは、ネットエント社があってのことなのです。

外出先で空き時間を利用して賭ける醍醐味を満喫したいなら、ネットエント系のゲームがおすすめです。
ダウンロードレスタイプのゲームは、反応が重たいイメージが残っていたのですが、ネットエント系ゲームでは、そのマイナスイメージをなくしています。
同社のノーダウンロードレスゲームは、グラフィクス性能とサウンド性能においても優れており、シンプルな画面でありながら、高い臨場感を体感できるようになっています。
完成度の高い仕上りは、長い時間でも小さな画面でも楽しまさせてくれるのです。

ネットエントのエンジニアやスタッフのトコトンまで突き進む飽くなき精神が実を結んだものと言えるでしょう。

カジノ初心者の一里塚的決済手段

エコペイズは、非常に多くのオンラインカジノに対応している電子決済サービスです。
エコペイズは入金のスピードが比較的早く、手数料も比較的格安なサービスになります。
いくつかデメリットもありますが、とても便利な決済サービスなので、多くの方が活用しています。

エコペイズの入出金のスピード

エコペイズの入出金のスピード

電子決済のサービスは、エコペイズの他にも複数あります。
それぞれ入金のスピードは異なりますが、エコペイズは比較的早い方です。
早ければ、当日中に入金できるからです。

エコペイズの入金の早さは、人によって異なります。
当日中に入金されているケースもあれば、3営業日ほどかかっている事もあるからです。
基本的には、24時間以外に入金されるサービスです。

他の電子決済の場合は、必ずしも当日中に入金されるとは限りません。
現にある電子決済サービスの場合は、3営業日ほどかかってしまう事もあります。
早く入金したい方にエコペイズがお勧めです。

ちなみに入金スピードを優先させたいなら、実はクレジットカードの方がおすすめです。
カードなら、基本的には数分前後で入金されるからです。
しかしカードの場合は出金はできません。
クレジットカードは入金専用になりますし、利便性を考慮すればエコペイズの方がおすすめです。

それとエコペイズは、出金はそれほど早い方ではありません。
およそ2営業日以内に出金される事が多いです。
2営業日というスピードは、他の電子決済サービスとほぼ同じぐらいになります。

エコペイズでカジノに入金する際の手数料

そしてエコペイズで入出金する時は、手数料はかかります。
具体的に何円ぐらいの手数料になるかは、入金方法によって異なります。

そもそもエコペイズという電子決済サービスには、入金方法も複数あります。
銀行振替や仮想通貨やポケットチェンジなどの手段がありますが、一番格安なのは仮想通貨です。
エコペイズでは、仮想通貨で入金された時の手数料は無料になります。
ただし仮想通貨をカジノに送金する時には、手数料がかかる事もあるのです。
その手数料が何円ぐらいになるかは、利用する取引所に左右されます。
仮想通貨での送金手数料は無料になる取引所もあれば、数%ぐらいになる取引所もあります。

それと銀行振替という方式で入金する時には、5%の手数料がかかります。
エコペイズは収納代行サービスと提携していて、その代行会社が指定する口座に入金した時には、5%の手数料はかかります。
その代わり、比較的簡単に入金できます。

その他にも上述のポケットチェンジなどの方法もありますが、手数料は若干高めです。
ポケットチェンジは、主に空港や旅行先などに設置されているATMのような機械ですが、手数料はかなり高めになってしまいます。
他にもエコバウチャーという入金方法もありますが、それも手数料は若干高めなので、銀行振替や仮想通貨でカジノに入金している方が多いです。

エコペイズでカジノに入金する際の手数料

エコペイズで出金する時の手数料

またカジノからエコペイズに出金する方法も2種類あって、高速ローカルと海外送金があります。
いずれも手数料はかかりますが、高速ローカルの方が格安です。

海外送金の場合、最低でも2,000円ぐらいの手数料がかかります。
状況によっては2,500円ぐらいの手数料が発生しますが、それに加えて為替手数料などが別途で徴収されます。
しかも海外送金の場合、高額な資金を送金した時には問い合わせが来る事もあります。
オンラインカジノで利益が発生した時には、多額に送金する可能性もありますが、その場合は面倒な問い合わせが来るデメリットがあります。

しかし高速ローカルの場合は問い合わせはありませんし、海外送金よりも手数料は格安です。
高速ローカルは2種類の手数料がかかり、それもランクによって異なります。
2.5%や4%など、人それぞれ異なります。

その手数料の内訳ですが、高速ローカルの出金手数料は1%です。
出金する金額に対する1%なので、例えば100ユーロ分出金する時には、1ユーロ分の手数料を支払う事になります。
またエコペイズには、シルバーとゴールドという2つのアカウントがあります。
ゴールドの方がランクは上ですが、どちらのランクでも換金手数料は支払う事になるのです。
シルバーカウントの場合、換金手数料は約3%になりますが、ゴールドアカウントは1.5%になります。

多彩なカジノで利用できる

多彩なカジノで利用できる

上記のような手数料もかかりますが、エコペイズは幅広いオンラインカジノで利用できるメリットがあります。
そもそも電子決済によっては、利用できるオンラインカジノが限られている事もあるのです。
カジノによって、電子決済の対応状況は異なりますから、注意が必要です。

その点エコペイズの場合は、大部分のオンラインカジノに対応しています。
しかも、クレジットカードと違って、入金だけでなく出金にも利用できる利便性もあります。
オンラインカジノでプレイしている方には、エコペイズ利用者が多いです。
公式サイトからエコペイズ登録可能です

健全なプレーヤーには特に優しいソフトウェア

多くのオンラインカジノで採用されているソフトウェアといえばプレイテックです。
綺麗で見やすいグラフィックと使いやすいインターフェイスのおかげでオンラインカジノ業界でも定評があり、それまでは異なるソフトウェアだったものの、プレイテックへと変更するオンラインカジノ業者も珍しくありません。

業界内でも高い評価を得ていると言っても過言ではないプレイテックですが、一体なぜそこまで高い人気を集めているのかについてチェックしてみました。

プレイテックは信頼感がある

プレイテックは信頼感がある

プレイテックは第三者機関から「公平」であると判断されている点が挙げられます。

オンラインカジノで大切なのは、特にユーザーにとっては「利益を挙げられるのか」です。
利益を挙げるためには運が大切だということは多くのユーザーが理解していることではあっても、負けが続けばどうしても「公平ではないんじゃないか」「裏で何かしているのではないか」という気持ちに駆られてしまうのも良く分かるのではないでしょうか。

自分の選択がことごとく裏目に出てしまっては、「おかしい」「何かある」と勘繰ってしまうのも当然ですが、プレイテックのソフトウェアは平等だと判断されていますので、疑心暗鬼になることもありません。
勝てないとしても、あくまでも「運が悪い」だけであって、決してプレイテックが何かをしているわけではないとユーザーが分かっています。
そのため、採用する側としてもプレイテックにしやすいという側面があるのではないでしょうか。

オンラインカジノだけではなく、どのギャンブルでも「ユーザーに対する公平性の提示」はとても大切です。
その点ができているプレイテックが多くのオンラインカジノから選ばれているのは、ある意味では当然です。

プレイテックはユーザーから求められている


プレイテックがオンラインカジノ業者からも人気を集めている理由として、ユーザーから人気を集めている点も大きいことでしょう。

プレイテックはボーナスに関しての判定が少々甘いとも言われています。
この点に関しては様々な意見があるのですが、ボーナスを「魅力」だと感じているユーザーも多いので、プレイテック系オンラインカジノばかりを楽しんでいるというユーザーも決して珍しくありません。
裏を返せば、プレイテックのソフトウェアを導入することである程度集客が見込めるとも言えるのではないでしょうか。

そのため、オンラインカジノ業者の中にはそれまでは異なるソフトウェアを採用していたものの、プレイテックのソフトウェアに変更し、アピールしている所もあるほど。
ユーザーにとって大切なのは、「どのメーカーなのか」ではなくどれだけ勝てるのかですが、ボーナスの判定が甘いとされているプレイテックであれば、「試してみようかな」という気持ちになるユーザーがいるのもよく分かるのではないでしょうか。

一方では公平性に強いという声も

一方では公平性に強いという声も

先にプレイテックはボーナスが甘いと紹介しましたが、一方ではボーナスに対して厳しいとの声もあります。
特にアカウントを何個も作ってボーナスを楽しもうとしているユーザーに対しては厳しいとされており、一度停止されてしまうと、他のプレイテックのオンラインカジノでアカウントを作ることができなくなることもあるほど。

なぜ両極端な意見があるのかといえば、どのようなスタンスでオンラインカジノを楽しんでいるのかによって異なることが予想されます。
健全にオンラインカジノを楽しんでいるユーザーにとって、プレイテックのボーナスはとても魅力的なもので、「ありがたい」と感じていることでしょう。
一方で、不正とまでは言いませんが、アカウントを何個も作ってボーナスだけを上手く楽しもうと思っているユーザーにとっては、プレイテックは「厳しい」と感じているのではないでしょうか。
裏を返せば、それだけしっかりとユーザーのことを管理し、ユーザーに対して平等性をと考えているからだと分かるのではないでしょうか。

アカウントを乱造しその都度ボーナスを活用していては、他のユーザーとしては「ズルい」「しっかり管理してくれ」といった気持ちになるかと思いますが、プレイテックはその点を見越してしっかりと管理していることが予想されます。
そのため、両極端の異なる意見が見受けられるのですが、いわば「ユーザーのため」という点を実践しているソフトウェアだからこそ、ユーザー、そしてオンラインカジノ業者からも選ばれているのでしょう。

最後に

プレイテックはユーザーから好評だからこそ、オンラインカジノ業者でも採用するところが増えているソフトウェアです。
使い勝手も良く、信頼も得ている点から今後もプレイテック系のオンラインカジノが増えていくことが予想されますので、まだプレイテックのオンラインカジノを楽しんだことがない人は、一度どのようなものなのかチェックしておくのも良いでしょう。そこで、プレイテックの魅力に気付かされるはずです。

玄人好みのカジノゲーム解説

オンラインカジノには上級者向き、つまり「多くの利益を期待できるゲーム」がいくつかあるのをご存知でしょうか。
軽く楽しむというスタンスから、より大きな利益を狙うなど、幅広い楽しみ方ができる点はオンラインカジノの魅力の一つですが、今回は上級者向けのゲームをいくつかご紹介します。

ルーレット

ルーレットに関しては初心者でも楽しめる一方、上級者にとっては様々なベット術を駆使することでより大きな利益を狙うことができるゲームです。
ルールそのものは至って簡単なものなので初めてオンラインカジノを楽しむユーザーであっても感覚的に楽しむことができることでしょう。

しかし、むしろルーレットの奥深さは上級者こそ理解していることでしょう。
上級者にとって、ルーレットは様々なベット術を実践できる貴重なゲームです。
シンプルではあるものの、幅広い戦略を可能とするゲームだからこそ、より多くの人がチャレンジしているのです。

もちろん勝負そのものは運によって決まりますが、ベット術によって運が巡ってきたときの利益をより大きなものにすることもできますので、上級者も夢中になるゲームです。

バカラ

バカラ

バカラとはトランプを用いたゲームで、バンカー、プレイヤー双方のどちらが「9」に近い数字となるのかを競うものです。
こちらもルーレット同様、ルールそのものは決して複雑なものではありませんので、初心者でも楽しめる一方で、バカラはバンカーとの心理戦もあります。

また、ルーレット同様ベット術次第でより大きな利益を得ることができます。
むしろルールがシンプルだからこそ、ベット術を駆使し、勝利した際の喜びも大きなものになりやすいようで、バカラに夢中になっているオンラインカジノユーザーはとても多いです。

初心者であれば「何となく」楽しむだけですが、上級者ともなればバカラの勝利で信じられない大きな額を手にすることもあるほど。
その点ではバカラもまた、「オンラインカジノらしい」ゲームと言えるでしょう。

ブラックジャック

ブラックジャックはバカラ同様トランプを用いたもので、こちらは「21」に近付きつつ、21を超えてはならないという決まりのあるゲームで、上級者の多くがブラックジャックに魅了されています。
ブラックジャックはバカラとは異なり、少々ルールが難しいです。
そのため、ブラックジャックは初心者にとっては少々取っつきづらいゲームとなっている一方、言い換えれば「上級者向き」とも言えます。
特にルールの肝となるのが「21を超えてはならない」という点です。
バカラの場合、9に近ければよいので9を超えていても特に問題はありません。
その点、ブラックジャックは21を超えたら負けになりますので、慎重に考えなければなりません。
その点の駆け引きこそ、ブラックジャックの醍醐味でもあります。
駆け引きの妙、さらにはベット術。これらを駆使し、勝利することでより大きな利益を狙うことができるとあって、ブラックジャックを楽しんでいる上級者、そしてブラックジャックで一攫千金を得たプレイヤーも多々います。

ポーカー

ポーカー
ポーカーは比較的知名度の高いもので、オンラインカジノに限らず、トランプゲームの一種として幅広く親しまれているかと思います。
こちらもまた、オンラインカジノでは人気のゲームであると共に、上級者からも好まれているゲームです。

ポーカーもまた、ベット術次第でより多くの利益を狙えると共に、バカラやブラックジャック同様、ディーラーやバンカーとの心理戦が好きだという人も珍しくありません。
ブラックジャックやバカラ同様、トランプを駆使するものですので、自分の手札と相手の手札との勝負となりますので、自分の手札が悪いとしても、相手がもっと悪ければ勝利を得ることもできます。
その点ではポーカーもまた、役を作るだけではなく、心理戦まで楽しめます。

ライブカジノのゲーム

ライブカジノのゲーム

どのゲームかというよりも、近年増えつつあるライブカジノは、上級者も好む傾向にあります。
映像を通してのゲームなので、通常のオンラインカジノ以上に心理戦・駆け引きを楽しめるとあって、上級者から好まれる傾向にあります。

また、通信技術の向上によって、映像を通したコンテンツの配信が可能になっていますので、今後さらにライブタイプのオンラインカジノが充実していくことが予想されるだけに、楽しみにしているオンラインカジノの上級者も多いようです。

まとめ

いくつか紹介させていただきましたが、オンラインカジノの上級者が好むゲームは様々なベット術を駆使することができるため、一攫千金のチャンスがあるゲームと言えるでしょう。
実際、今回紹介したゲームはどれもベット術次第でより大きな「勝利」を得ることが可能です。
オンラインカジノは実際に大きな利益を狙うことができるゲームなだけに、様々なベット術を駆使し、より大きな勝利を目指してみるのも良いのではないでしょうか。